【プログラマ 2年目】通勤時間と稼働時間の厳しさが体力と精神力の限界だった

 

幅広い分野のシステム開発を行う企業にプログラマ技術者として入社をしました。

 

 

1年目は社内研修からはじまり研修後は先輩社員の下でサポート的な仕事をしながら業務を身に付けていくという一般的な流れだったこともあり、さほど体力的にも精神的にも問題はありませんでした。

 

 

2年目に入った頃から金融関連のシステム開発にシステムエンジニアの見習いのような形で仕事をするようになったのですが、当時はプログラマの人数もたりていなかった事もありますし、他社の人との合同チームだったために精神的に疲れるようになりました。

 

 

何よりも職場が遠かった事もあり通勤時間がかなり長くなる上に毎日残業が続いたので体力的にも精神的にも徐々に疲れて、仕事に対する意欲や辞めたいという気持ちが強くなっていくようになりました。

 

 

金融関連のシステム開発だという事もあり、当時は多くの問題を解決する必要がありながら作業も遅れ気味になりますし、休日や夜間を利用しないと行えない作業も多かった事もあって同じ会社から参加していた同僚も退職をしてしまったのでいよいよ自分も退職を考える日々が続いていました。

 

 

実際に転職を考えるようになってから、学生時代の友人と会う機会があったので食事をしながらお互いの近況を聞くと似たような職場環境であったり、中には自分よりも賃金的に低い状況で働いているような友人もいたのでとりあえず、もうしばらくは頑張ってみる事にしてみました。

 

 

退職を取りやめたものの今後の事は何も決められないような中途半端な状態で仕事を続けるわけにもいかないと判断をしたので、社内ではじめて指導をしてもらった先輩に相談をしてみる事にしました。

 

 

確かに通勤時間や労働時間は厳しい状態ではあるものの仕事状況から考えてもずっと今の作業場所で開発をするわけではないし、今は覚える事が多いから大変だけど慣れる事で解決する事もあるという説明と同時に、もしも今の会社で覚える事がないと判断をして先へつながる意味での転職であれば特に迷う必要はないと言われました。

 

 

結果的にそのまま仕事を続けて、ある程度他の会社でも通用をすると判断をしてから転職をする事になったのですが、その時には他業種でありながらもこれまでプログラマやシステムエンジニアとして働いてきたことが様々な面で役にたちました。

 

 

転職先では自社内のSE的な存在としても活躍できましたし、事務的な仕事から営業的な仕事もこなす管理職として働くことができました。

 

 

もし、入社2年目で転職を考えている人へのアドバイスをおくるとしたら、転職をするのであれば同じ職種に進む事は控えるべきだと思います。

 

 

何故なら同業種への転職はおそらく、また同じ流れになり転職回数を増やすばかりでスキルアップにはつながらないからです。

 

 

逆にあと最低でも1年から2年の辛抱をできるのであればできるだけ頑張ってみて欲しいと思います。どのような業種でも言える事ですが、3年というのがはじめのポイントにもなります。

 

 

その時点で改めて継続か転職かを考えるべきですし、転職をするにしても同業種であれ、他業種であれこれまでに経験をしてきたことは必ず次の職場でも何かの形で役にたつことになります。

 

 

あくまでも転職や退職を考える理由にもよりますので一概には言えませんが、2年目で全てを決めるのは時期尚早なのではないかといえます。

 

 

まずはあなたの転職力を診断してみませんか?

 

 

とにかく、仕事を辞めたいなら、辞めて転職できるかを知ることからスタートです。

 

 

【プログラマ 2年目】通勤時間と稼働時間の厳しさが体力と精神力の限界だった

 

 

@typeに無料会員登録後に、非常に簡単に診断できますので一度テストしてみてください。

 

 

とりあえず、転職力診断テストを無料で受けてみる

(無料会員登録後にテスト診断できます)

 

 

※@typeに無料登録後は、こちらから診断テストへとお進みください(⇒診断テストに進む