【営業 1年半】仕事に向き不向きというのは確実にある

私が新卒で入社したのは某大手機械メーカーであり、電動工具などを取り扱う部署に配属されました。

 

仕事の内容は一般的なメーカーの営業らしく、代理店や販売店など訪問し商品の販売を行い、かつアフターフォローも実施するというものでした。いわゆる「ルートセールス」という類の職種でしょうか。

 

配属後しばらく先輩社員の営業活動に同行して学んでいましたが、その時点で「きっとこの仕事は自分には合っていない」と感じ始めていました。

 

なぜなら、興味が全く湧かなかったのです。

 

それだけ聞くと「何を甘いことを言ってやがる」と感じるかもしれませんが、これはもう理屈ではなく、自分が向かい合うべき商品や業界自体に生理的な嫌気がしたのです。
そのためいつになっても商品や客先のことを覚えられず、そのうち担当として客先を訪問しても仕事の話は何もできず…という状態で結局最後まで改善はしませんでした。

 

そんな調子なのですぐに営業に出ることが苦痛になり、半年もしないうちから「向いていない。辞めたい」と悩むこととなりました。

 

もちろん、仕事に馴染めるよう努力はしました。

 

家で商品や業界のことを自習したり、積極的に上司や先輩社員に疑問をぶつけたりしました。

 

が、やはり頭に入らず、ほとんど何も覚えられません。

 

当然ミスも多く、自分のせいで顧客に頭を下げる上司や先輩社員の姿を目にしては、いつも自分が嫌になりました。

 

忙しく残業や休日出勤が多い部署ということもありましたが、本質はやはり「仕事が馴染まなかった」と言えます。

 

ストレスが溜まりよく体調を崩しましたし、つらい日が続きました。

 

悩んで悩んで色々な人に相談し、何とか解決しようとしました。異動の願いも出しましたがかなわず、そうなると私が出した答えは「仕事を辞める」ことでした。

 

ひとりで担当を持ち始めて1年間、入社して1年半の頃です。

 

もう状況は八方塞がりであったし、これ以外の結論はありませんでした。

 

上司に「自分には適性がないから退職したい」と正直に伝え、それでも私のことを引き留めてくれたりもしましたが、気持ちは変わらず退職をさせてもらいました。

 

今、私は営業の仕事ではなく、採用を含む人事の仕事をしています。

 

幸いこの職種は私にはそこそこ馴染んで、大変な毎日ではあるものの何とか続けていくことができています。

 

自己分析では、別に仕事はできない方ではなく、ある程度上司や同僚に信頼はされており、今度昇格し役職にも就きます。

 

前職の営業職に就いていた頃は、「自分は世の中のあらゆる仕事に向いていないのでは」とも考えましたが、そんなことはありませんでした。

 

そして、今まで自分が採用した新卒入社の社員の中にも、「向いていない」との理由で退職していった人がいます。

 

そういう人たちの仕事ぶりの評判を聞いてみると、やはり業務の覚えが極端に悪く、何もかもが根本的にできていない場合が多いです。そして同僚もあまりの出来の悪さに大抵うんざりしています。

 

私は自身の経験からも、確実に「仕事に向き不向きというものはある」と思います。

 

向いていない仕事に就いてしまった場合、一番辛いのは本人ですが、同僚など周囲も大変な思いをするものです。

 

ドライな考え方なのかもしれませんが、結局将来もモノにはならず、誰にとっても得をしないと私は思います。

 

「適材適所」という言葉があるように、「辞めたい」という理由がどうしても仕事に向いていないと感じるのであれば、できるだけ早く退職して自分をもっと活かせる道を探してほしいと感じます。

 

まずはあなたの転職力を診断してみませんか?

 

 

とにかく、仕事を辞めたいなら、辞めて転職できるかを知ることからスタートです。

 

 

【営業 1年半】仕事に向き不向きというのは確実にある

 

 

@typeに無料会員登録後に、非常に簡単に診断できますので一度テストしてみてください。

 

 

とりあえず、転職力診断テストを無料で受けてみる

(無料会員登録後にテスト診断できます)

 

 

※@typeに無料登録後は、こちらから診断テストへとお進みください(⇒診断テストに進む