【総合商社事務 1年半】残業が多く忙しすぎた

入社後やめたいと悩んだきっかけはあまりにも毎日残業が多く、自分の時間が全く持てなかったからです。

 

また人間関係がよければまだ我慢ができたのですが、自分がいたグループは人間関係がよくなく、同じグループにいるのに全く手伝ってくれずさっさと先に帰る先輩がいたり、重箱の隅をつつくような細かいことをチェックする上司がいたりで最悪だったからです。

 

仕事の内容は営業事務でアシスタント的な仕事です。男性営業職の補佐とそれにかかわる事務処理の仕事でした。

 

ついていた男性営業職が最初の人がとにかく細かく、一字一句チェックしてくるのがたまらずいやでした。

 

細かい上にミスをしたら普通なら上司が一緒にあやまってくれたりするところを自分のせいではないとはっきりしめされつらい思いもしました。取引先から逆に慰められたりもしました。

 

仕事の量が多く、人間関係も最悪で、上司にも恵まれずこれがずっと続いたら体を壊すかもと思いながら勤務していたところ、上司が転勤することになりました。

 

次に来た上司はふところの深い人で、自分は大枠さえ押さえていればよいあとはすべて私に任せてくれるというやり方で、仕事の量は多く小さなミスもたまにありましたがすべて自分がかぶってくれて本当に涙が出るくらいいい上司でした。

 

この上司のためなら頑張って仕事をしようと前向きに考えることができるようになり、仕事も慣れてきてミスもほぼなくなり人間関係もよくなり、その上司がきっかけで、グループの人間関係も次第によくなり会社に行くのが楽しくなるほどでした。

 

会社の一番大きなグループで取引額が多いので相変わらず仕事量は多く残業もしていましたが、上司のフォローがよく、苦にならないといったらうそになりますが報われているという気持ちが仕事を続けさせてくれました。

 

今入社後悩んでいる人は多いと思います。特に入社1年半というとまだ会社全体の仕事が見えておらず、自分がどのようなことをしているか求められているか、判断が間違うこともあったり、会社で役に立てているかなど困ることやとまどうこともある時期です。

 

会社は3年たって一人前といいますが、本当に自分が勤めていてそう思いました。

 

欲を言えば5年くらいしてやっとすっきり見えてきて、会社の中で余裕を持ちながら仕事をすることができていたような気がします。

 

悩んでいる方は会社の人間関係の中で信頼できる人、この人ならと理想にできそうな人を見つけてください。

 

会社の中での人間関係がよいものであれば、仕事が忙しくても報われている、と感じることができると思います。