【美容師 1年半】シンプルに向いていないと思った

私は結婚するまで美容師をしていましたが、入社して一年半で自分には向いていないんじゃないかと思いやめたいと思いました。

 

朝9時から夜の20時まで仕事をしてその後にレッスンをして家には寝るだけに帰る長時間労働でした。

 

肌も弱かったので手荒れがひどかったのがとても辛かったです。

 

そして失敗もいっぱいして毎日先輩に怒られるし、お客様にも凄く気をつかう毎日で、「どうして、私はこんなにできないんだろう。」と自分を責めるようになり、肉体的にも精神的にも疲れてどんどん病んでいっていました。

 

それでいつの間にか自分でも気づかないうちに笑えなくなっていて、先輩、店長が話を聞いてくれました。

 

そこで泣きながら思っている事を全部話して、辞めたいという事も話しました。

 

先輩も店長も否定する事もなく優しく話しを聞いてくれました。

 

ただどんな仕事をしても同じ事は起こるという事は、先輩、店長や、他、家族や友達からも言われました。

 

そして、自分の気持ちを伝えて、先輩や店長と話し合った後に同じ会社の他店舗の店長がうちで面倒を見て育てると言ってくださってそこの店舗に転勤となりました。

 

環境が、変わったらもしかしたら気持ちも変わるかもしれない…という気持ちと、今まで、仕事をどうしていいかわからない。

 

と色んな事に不安や迷いを感じていた私にとって、「面倒を見て育てる」と言って貰えた事が、安心感と居場所を見つけれた気がしたので、どうなるかわからないけど、この店長についていけるとこまでもう一度頑張ってみたいという意欲が湧きました。

 

転勤してからはそこの店長が基本の一から全部細かく指導してくれました。

 

それからは毎日毎日がとても楽しくて、転勤する前よりもお店はお客様も多く、終わる時間も遅いく、そこからのレッスンになったのに苦になりませんでした。

 

転勤してきたお店の先輩も厳しかったけど、皆しっかり仕事も技術も教えてくれて、厳しいけどついていきたいと思えるようになりました。

 

いつしか、この先輩のような美容師になりたい!という目標もできて更に楽しくなりました。

 

何事にも意欲が湧いて、積極的になり、転勤するまでは鬱になりそうなくらい病んでいたとは思えないくらい明るくなったと思います。今から思うとなぜあんなに悩んでいたんだろうと思う程です。

 

私は入社一年半で悩んだ時、まずは信頼できる先輩や、家族、友達などに自分の気持ちを相談して、話して自分の気持ちを整理して溜め込んでたものを掃き出すこと、先輩や、上司に自分の気持ちを説明して理解してもらう事で対策を一緒に考えて貰うのが良いと思います。

 

それでもダメな時は転勤をお願いして環境を変えてみたら、気持ちや、働きやすさも変わるかもしれません。

 

それでもダメで、どうしようもなければ、そこの職場はやめると言う決断も大事だとおもいます。

 

最終辞めるという選択肢もあるので、それまでは、色んな方法で頑張ってみたら良いと思います。

 

 

まずはあなたの転職力を診断してみませんか?

 

 

とにかく、仕事を辞めたいなら、辞めて転職できるかを知ることからスタートです。

 

 

【美容師 1年半】シンプルに向いていないと思った

 

 

@typeに無料会員登録後に、非常に簡単に診断できますので一度テストしてみてください。

 

 

とりあえず、転職力診断テストを無料で受けてみる

(無料会員登録後にテスト診断できます)

 

 

※@typeに無料登録後は、こちらから診断テストへとお進みください(⇒診断テストに進む