【製造業営業 1年目】契約が取れず辞めたいです

 

当時は、今の新入社員とは異なり、研修期間がとても短いことがありました。

 

 

最近は、半年間ほどの研修を構えている企業も少なくないのですが、昔は、一ヶ程度の研修を受けて、各部署に配属というのが、当たり前でした。

 

 

当時、私が配属されたのは営業部門。

 

 

人との会話も得意ではなかったのですが、入社一年目ということもあり、頑張って行こうという気持ちの方が強かったように記憶しています。

 

 

しかし、配属された営業部門は中でも、一番、過酷な部門。

 

 

直販営業ということで、直接、企業相手に取引をしなければならないのでした。しかし、いきなり担当の取引先を与えられるわけではありません。

 

 

自ら取引先を開拓しなければならないのです。

 

 

最近でこそ、キチンと相手先にアポイントを取って、初めで訪問することが普通ですが、当時は飛び込み営業と言って、いきなり企業を伺うことができた時代でした。

 

 

しかし、世の中はそんなに甘くはありません。一日百件回って、一件商談ができれば上出来と言った具合でした。

 

 

そんな環境の中で、営業の売上検討の会議が週に一回行われるのですが、上司から求められることは、先輩社員と同じレベル。ノルマが行くかどうかでした。

 

 

まだ、固定の取引先を持っているわけでないので、ノルマをこなせるか分かるわけがないのです。月末になると、会社に戻ることが辛くて、公園でブラブラしていた記憶も残っています。

 

 

入社してから、半年程で辞めたくなりました。

 

 

その悩みを先輩に相談しました。当時三年目の先輩が私の直接の上司となりました。

 

 

普段は、あまり口数も少なく、黙々と営業をされている人ですが、トップセールスの一人でもありました。

 

 

私が精神的に参っていることから、声をかけてもらったのですが、先輩から、ある企業を紹介してもらったのです。

 

 

「俺の持っているお客さんからの紹介なんだ。ここを進めてごらん。大事に育てて、横展開してみるといいよ。」

 

 

紹介してもらった会社はある製造メーカーでした。中堅企業なのですが、とても業績の良い会社。初めての訪問でも、対応してくれたのです。

 

 

好調がゆえに私に対する仕事の要求も厳しく大変でした。実際の商談がまとまるまで半年かかってしまいました。しかし、成約した時は同期の中でも一番の売上となったのです。

 

 

これ自体、とても嬉しかったのですが、この取引先から他のお客様を紹介してもらい、安定した販売ができるようになったのです。

 

 

きっかけは自力ではなかったのですが、どうせ辞めてしまおうと思っていた矢先に与えられたチャンスだったので、後悔しないように、思いっ切り動いたことが良かったのかもしれません。

 

 

追い込まれた時に、一旦、開き直って頑張ってみることも活路が見出せることになるのかなと思っています。

 

 

まずはあなたの転職力を診断してみませんか?

 

 

とにかく、仕事を辞めたいなら、辞めて転職できるかを知ることからスタートです。

 

 

【製造業営業 1年目】契約が取れず辞めたいです

 

 

@typeに無料会員登録後に、非常に簡単に診断できますので一度テストしてみてください。

 

 

とりあえず、転職力診断テストを無料で受けてみる

(無料会員登録後にテスト診断できます)

 

 

※@typeに無料登録後は、こちらから診断テストへとお進みください(⇒診断テストに進む