【貿易事務 1年目】仕事についていけず辞めたいです

 

私が新卒1年目で入った会社は通関業を行う会社でした。

 

 

通関業というのは簡単にいうと外国の荷物を日本に輸入する手続きであったり、日本の荷物を海外に輸出する等の作業・手続きを輸入者・輸出者の代わりに行う仕事です。

 

 

大ざっぱに言えば貿易事務の仕事ですので、他の流通の仕事もそうでしょうがとにかく忙しかったです。

 

 

私はまずその忙しさに参ってしまいました。また、用語は特殊な用語ばかりで電話に出ても相手の言っている事はほとんど何も分からない状態でした。

 

 

私はそれまでアルバイトの経験もありませんでしたので、人間関係にも苦労しました。

 

 

女性の多い会社ではありませんでしたが、割と私たちの街では一等地のところにあるビルに入った会社でしたので、派手目な女性社員も多く、オシャレな事やトレンドにも疎かった私は会話が続かず辛かった思い出があります。

 

 

3か月で寿退社の先輩が辞めてしまったため、私にはかなりプレッシャーが掛けられていたように思います。

 

 

仕事の流れが完璧に理解していない中入社2か月目には、どういう仕事の仕方をしたいか〜先輩の下について仕事を手伝うか少数の仕事でも自分一人で行うか〜を自分で決める事になり、私は後者を選びましたので兎に角毎日気を張りながら一人で一連の仕事をさせて貰っていました。

 

 

そんな、仕事についていけない毎日の中、一番言われて辛かったのは「○○さん、今日いったい何やってたの?」でした。

 

 

私の中では少ないながら自分の担当の仕事をいっぱいいっぱいで行っていたつもりでしたが、先輩からすると物足りないものだったのでしょう。

 

1年目から帰る時間が遅くなる事も多く終電近くで帰り、駅まで迎えに来てくれた母親の車の中でずっと泣き続けた事もありました。辞めたいと思ったことも何度もあります。

 

 

仕事の悩みといいますか辛さの私の乗り越え方は、とにかく努力することでした。私はまったく知識のない新人で全然仕事の出来る人間ではありませんでしたが、お客さんに私が新人だという事は関係ありません。

 

 

とにかく虚勢を張り続けてお客さんにだけは仕事ができる人を精一杯装い、社内では「これはどういうことですか?これはどうすれば良いでしょうか?」と先輩や上司に聞きまわってました。

 

 

何度も同じ質問を繰り返し鬱陶しそうにされる事もありましたし、忙しい人の多い職場だったため、聞いても目も合わせて貰えない事も多々ありましたが、めげずにとにかく頑張りました。

 

 

注意された事は出来るだけ次は注意されないように。

 

 

そうし続けていると、前に電話で仕事の仕方を聞いて(社内電話)全然話しを聞いてくれなかった人が、私の拙い質問の電話に一生懸命付き合ってくれるようになりました。

 

 

お客さんからは「○○さん、本当に一年目?しっかりしてるね。」と言って貰えるようになりました。やる気と努力と結果を見せればそれに答えてくれる人はいるものです。特に最後の結果というのはとても大事です。

 

 

やる気があっても努力していても、結果ミスだったり失敗がずっと続いていたら意味がありません。人の指摘や注意を真摯に受け止め、結果を出す事です。そして自分の仕事に自信を持てるようになる事がなによりです。

 

 

仕事は大なり小なり、何事も辛い事があります。ベテランでもミスや失敗をする事があります。

 

 

自分を指導している先輩がミスする事もあり、なんで自分だけこんなに注意されるんだ?と思う事もあるかもしれません。しかし新人、特に一年目は注意される事も仕事のうちです。

 

 

何年か経てば小さい事では大して注意されません。同じミスをしても笑ってすまされる事もあるでしょう。

 

 

しかしそういった些末な事を新人時代に注意されて一生懸命直してきた人とそうじゃない人の仕事には数年たてば大きな差ができます。

 

 

数年後、何年もいるのに何もできない人でいないために、新人時代にはいっぱい怒られて一生懸命覚えて一生懸命結果を出しましょう!

 

 

それが出来れば結果としてその会社にずっと勤める勤めないにかかわらず自分の身になりますよ!

 

 

まずはあなたの転職力を診断してみませんか?

 

 

とにかく、仕事を辞めたいなら、辞めて転職できるかを知ることからスタートです。

 

 

【貿易事務 1年目】仕事についていけず辞めたいです

 

 

@typeに無料会員登録後に、非常に簡単に診断できますので一度テストしてみてください。

 

 

とりあえず、転職力診断テストを無料で受けてみる

(無料会員登録後にテスト診断できます)

 

 

※@typeに無料登録後は、こちらから診断テストへとお進みください(⇒診断テストに進む