新卒で入社して1年目で辞めたい

 

仕事を辞めたいと感じる瞬間は、たくさんありますよね。私も今までに何度もそういう瞬間を感じたことがありますが、一番は、入社1年目の時でした。

 

 

入社1年目の時は、なんといっても、失敗ばかりの毎日で、自分が嫌になったものです。そして、自分が嫌だと思っていたのが、そのうち、仕事が嫌、に変わって行きました。

 

 

仕事を覚えることに精いっぱいで、その後行動に移した時にスムーズにできないことばかりで、仕事を本気で辞めようかとも思いました。

 

 

また、学生時代までの知識と経験の中で活かせることがたくさんあったはずなのに、全く活かすことができず、今までの自分の生活は無駄だったのではないか、と悩んでしまうこともありました。

 

 

しかし、学生時代までと社会はやはり違って当たり前なのです。そして、新卒で仕事ができないのは当たり前なのです。誰だって抱える悩みですし、誰だって通る道です。格好良く見える先輩や上司だって、同じ時期があったはずなのです。

 

 

私は新卒1年目の時に仕事を辞めたいと考えた時に親に相談したところ、このようなことを言われました。そこから考え方を変えるようにしました。

 

 

それは、「今年は1年目なんだから失敗して当たり前。今年は仕事を覚えて、来年自分でしっかりできるようにしよう。」ということです。

 

 

そう思うことで、1年目はいくら失敗しても大丈夫なのだと思えるようになりました。その代わり、2年目には絶対に失敗しない、と心に決めました。

 

 

そうして迎えた2年目でしたが、やはり2年目でも失敗はします。しかし、1年目よりははるかに仕事ができるようになっていましたし、1年目に失敗したことの9割はもう失敗しないようになっていました。

 

 

また、1年目にたくさん失敗したことで、2年目にできた後輩に、自分の失敗を伝えることができたのです。実際に失敗した人から学べば、後輩も覚えやすいものです。

 

 

それでも失敗してしまえば、「やっぱりそこは失敗するよね。最初は誰だってそうだよ。」と言ってあげることができます。

 

 

1年目は誰だって辞めたいと思うものです。しかし2年目になれば気持ちは前向きになれると思いますよ。1年目は勉強の年で、2年目のために1年目があるのだと思うようにしましょう。

 

 

考え方一つで、1年目の失敗もマイナスからプラスに感じられるものですよ。一番忘れてはいけないのは、あなたは一人ではないということです。

 

 

同じような悩みを抱えている人はたくさんいるのです。そして、耐えられない時には話を聞いてくれる家族や友人がいるのだということも忘れないでくださいね。

 

 

まずはあなたの転職力を診断してみませんか?

 

 

とにかく、仕事を辞めたいなら、辞めて転職できるかを知ることからスタートです。

 

 

新卒で入社して1年目で辞めたい

 

 

@typeに無料会員登録後に、非常に簡単に診断できますので一度テストしてみてください。

 

 

とりあえず、転職力診断テストを無料で受けてみる

(無料会員登録後にテスト診断できます)

 

 

※@typeに無料登録後は、こちらから診断テストへとお進みください(⇒診断テストに進む

 

新卒で入社して1年目で辞めたい記事一覧

自分自身が新卒1年目の時に退職を悩んだ時の出来事とどのように踏ん張り、頑張れたのかをご紹介させて頂きます。先ずは当時の私の仕事に関して簡単に説明させて頂きます。当時の私は、IT商社と呼ばれる会社に営業職として入社致しました。実際がどうかは別として、ブラック企業ランキングでは毎年名前が挙がるような会社です。その会社は法人に対して、飛び込み営業を主に新規開拓営業に力を入れていました。私が担当していた商...

10人程の課に配属されて、内、事務職の女性が2人で、自分の仕事が曖昧で指示してくれる人も指導者もなかったことが辞めたいと思ったきっかけです。そこで、まず、課外で相談に乗ってもらえそうな女性の先輩を探しました。運良く、タイプの違う3人の先輩に相談することができました。1人目の方は1年目はひたすら辛抱、耐えることだと励ましてくれました。2人目の方は今の課の中で、自分に求められていることを探して、それに...

私は大学を卒業してから、それなりに名前の通った食品メーカーに就職しました。2か月間の研修を行い、私が配属されたのは営業でした。もともとは内気な性格なので不安でいっぱいでした。まずは先輩と同行してお得先のお店に対してあいさつ回りを行いました。扱っている食品を契約しているお店に卸しているので、営業だけでなく配達も兼ねていました。会社は東京に本社がありましたが、私は関西営業所で勤務していました。担当襟は...

私が新卒1年目で入った会社は通関業を行う会社でした。通関業というのは簡単にいうと外国の荷物を日本に輸入する手続きであったり、日本の荷物を海外に輸出する等の作業・手続きを輸入者・輸出者の代わりに行う仕事です。大ざっぱに言えば貿易事務の仕事ですので、他の流通の仕事もそうでしょうがとにかく忙しかったです。私はまずその忙しさに参ってしまいました。また、用語は特殊な用語ばかりで電話に出ても相手の言っている事...

学生から社会人に変わるということは、人生の一大イベントだと思います。その覚悟を叩き込むために新入社員のオリエンテーションがくまれています。だからといって皆が順調にスタートが切れるわけではありません。私は流通業でお店での販売の仕事でしたが、入社し半年以上は毎日が体力的にも、精神的にも辛かったです。希望の部署に配属されず、苦手なイメージしかわかない鮮魚部門に配属となりました。案の定、修行、棟梁、弟子の...

私は大学卒業と同時に証券会社に入社して仕事を行なう事となりました。今はアベノミクス等の影響で大変多くの個人投資家が気軽に株式投資等を行っていますが、それまでの間は証券市場は大変長い冬の時代が続いていました。このような時代背景の下、私を始め大変多くの方が入社直後から大変困難な壁にぶつかりながら仕事を行っていました。証券会社の営業は大変な仕事です。肉体的にも精神的にもとてもハードな面が多いので、その点...

辞めたいと思った理由は、端的に結論を言うと「キツイから」です。勤務先はいわゆる営業会社であり、しかも商品先物取引というと、ある程度、年齢の行った人なら「泣く子も黙る」と揶揄するような業種です。そんな会社に入った私は、あろうことか人と話すのが苦手なのです。事務連絡のような内容なら問題ありませんが、人と仲良くなる、交流することを目的とした会話は絶望的です。まだ小学生の方がマシでしょう。そんな私では面接...

新卒で金融業の会社に入社し、事務職配属になりました。金融業だけあって金額や数量など、数字にまつわることにはとにかく細かく、大ざっぱだった私は、どうしてここまできっちりと細かく計算しなければいけないのか、計算後の確認も二重三重にする必要がどこにあるのか、毎日疑問だらけでした。そんな時にに大きなミスをしてしまいました。単純な確認作業で数字を一ケタ間違えてしまったのです。顧客には一ケタ大きい数字で提出し...

当時は、今の新入社員とは異なり、研修期間がとても短いことがありました。最近は、半年間ほどの研修を構えている企業も少なくないのですが、昔は、一ヶ程度の研修を受けて、各部署に配属というのが、当たり前でした。当時、私が配属されたのは営業部門。人との会話も得意ではなかったのですが、入社一年目ということもあり、頑張って行こうという気持ちの方が強かったように記憶しています。しかし、配属された営業部門は中でも、...

私は新卒で某タクシー会社に就職したのですが、その年の新入社員は私一人で、同期と呼べる人は一人もいませんでした。昔から一人で行動することが多かった私ですが、新入社員が自分一人だと言う状況はやはり辛いモノがありました。最初に覚えるように言われたのは担当エリアの地名と、配車に関するルール全般でした。電話応対も当然練習しましたが、これに関しては特につまづくことなく順調に慣れていきました。自分で言うのも何で...