新卒で事務の仕事を辞めたいです・・・

 

新卒で会社に入社した場合には、何もかもが初めてですので、何かと緊張してしまうものです。また、慣れない仕事を始めますので、やはり他の職場の人間にも迷惑を掛けたり、指導を仰いだりすることも少なくありません。

 

 

けれど、あまりにも仕事が出来ない場合には、他に入職した同期と自分とを比べてしまい、掴まつ事務の仕事を辞めたいと思ってしまう人もいるのではないでしょうか?

 

 

でも、安易に仕事を辞めるよりは、しばらくは様子を見るのもおすすめです。

 

 

@慣れが全てを解決することもある!

 

 

事務の仕事と言っても、受注や発注などの営業に関わるものを担当したり、文章を作成したりすることもありますし、電話での応対などを担当することもあり、いろんな仕事をこなさないといけない場合もあります。

 

 

そのため、自分にこの分野の仕事が向いていないと判断して、新卒でもすぐに仕事を辞めてしまうケースも少なくありません。

 

 

でも、今は辛くても、半年から一年ほどして、仕事にかなり慣れてくれば、それがやりがいと感じる人も多いのです。

 

 

今の仕事がキツイからと言って、一年後にはどうなっているか、それは誰にも分りません。
中には、忙しければ忙しいほど、仕事が楽しい、仕事が好きだと感じる人もいますので、まずは仕事に慣れると言うことを第一に考えましょう。

 

 

A ミスをしたらすぐに謝罪する!

 

 

また、仕事でミスが多いからと言って、人に頭を下げるのが嫌だと言う考えから、仕事を辞めたいと言う人もいるようです。

 

 

これは事務に限らず、販売や介護など、あらゆる分野で謝罪する機会はあるものですので、自分に向いてないと言って、軽はずみに他業種などに転職してしまうと、後でもっとキツイ職場に当たることも少なくありません。

 

 

そのため、まずは自分のミスを少なくすることに気をつけましょう。

 

 

例を挙げるならば、営業に関わる受注や発注は、ミスが会社の命取りになる恐れもありますので、数字を入力する際には、注意しないといけません。

 

 

適当に仕事をこなすのではなく、しっかりと与えらた仕事をやり遂げると言う気持ちが大事です。また、ミスを犯してしまった場合には、すぐに上司に報告をして、謝罪をしなくてはいけません。

 

 

自分が間違ったのではないなどとごねるのは、社会人としても失格です。

 

 

Bメモを取ることを習慣づける!

 

 

近頃では、スマートホンなどの普及により、必要なことはカメラで記憶したり、データーとして残すなどの方法を取っている人も多いようです。

 

 

そのためか、新卒で会社に入社しても、大事なことをメモにも書かず、スマートホンで入力したり、放置したりするようなケースも中にはあるようです。

 

 

こうなると、後から上司に何を指示されたのか、はっきりと分らずにパニックになってしまい、仕事についていけないと悩む人もいるようですので、まずは書いて憶えると言う行動を起こさないといけません。

 

 

また、書いたらそのままではなく、メモを見返し、大事なところは書き直したり、簡単な仕事用のノートなどを作成するのも仕事を憶えるならば良いことです。それに、電話応対なども、必ず、相手の連絡先や名前、用件などを聞いておくようにしましょう。

 

 

事務の仕事と言うものは、一見すると地味なようにも思えますが、営業事務などの場合には、会社の利益を左右することもありますので、しっかりと営業などのフォローをこなしたりすることが大切です。

 

 

いつまでも学生気分でいると、後から後悔することもありますので、きちんと仕事を早く憶えると言う姿勢をとりましょう。

 

 

また、女性の中には、結婚相手を見つけるために仕事をしているなどと言う人もいますが、会社は出会いの場では無く、仕事をして収入を得る場所でもあります。

 

 

そのため、公私混同をして、あの人は嫌いだから電話を取り次がない、あの人に興味があるから仕事中でもメールを送るなどと言った行為は、絶対にしてはいけません。

 

 

まずは出会いよりも、社会人として仕事をこなすことを第一に考えるようにしましょう。

 

 

まずはあなたの転職力を診断してみませんか?

 

 

とにかく、仕事を辞めたいなら、辞めて転職できるかを知ることからスタートです。

 

 

新卒で事務の仕事を辞めたいです・・・

 

 

@typeに無料会員登録後に、非常に簡単に診断できますので一度テストしてみてください。

 

 

とりあえず、転職力診断テストを無料で受けてみる

(無料会員登録後にテスト診断できます)

 

 

※@typeに無料登録後は、こちらから診断テストへとお進みください(⇒診断テストに進む