新卒ですが入社4日目で辞めたいです。何かアドバイスをください。

 

「新卒で入社して4日目だけど、つらい。できれば今の仕事を辞めたい」と思っているあなたのために、問題解決のヒントになるかもしれないアドバイスをさせてください。

 

 

先輩ぶるわけではありませんが、私もあなたのように、入社4日目に「辞めたい」と感じ、悩んだ経験があるんですよ。

 

 

そのとき私は、「辞めたいけど、4日目じゃ、あまりに早すぎるのでは?」と考え、悩みました。そして、「こうして一人で悩んでいても、問題解決はできない」と考え、思い切って職場の先輩に相談してみることにしたんです。

 

 

幸い、職場に一人、大変気さくで優しい、年齢も近い先輩がいたんで、話しやすかったんですよね。もし、あなたの職場にもそういう先輩がいたら、話してみるのも一つの方法ではないでしょうか。

 

 

その先輩からアドバイスされたのは、「日給貯金帳を作る」という方法です。どういうことか、説明しますね。

 

 

会社で仕事をすれば、当然給料がもらえます。月給制の会社がほとんどでしょう。ですから、その月給を1か月の労働日数で割って、日給を出します。

 

 

そして、メモでもノートでもスケジュール帳でもいいので、毎日の日給を書き、累計を出していきます。

 

 

例えば「日給1万円」なら、昨日までの3日間で3万円の給料がすでに出ているわけですね。今日が終われば、それが4万円になるわけです。

 

 

こうすることで、「仕事をするとお金が入る」ということが、実感できるんですよ。すると、「よし、初任給まで頑張って、月給を手にしよう」という気持ちが生まれてきやすくなります。

 

 

さらに、「お金をテーマにした近未来の想像」も、効果があります。「ボーナスをもらったら、どんな休暇を楽しもうか」とか「毎月の給料から一定額を貯金して、大きな買い物をしよう」というように、徹底的にお金にこだわって、「楽しい近未来」を想像するわけですね。

 

 

人間、お金をテーマにすると、かなりリアルで前向きな想像ができるものです。そのことによって、「もう少し頑張ってみよう。せめて初任給まではガマンしてみよう」というモチベーションが生まれるわけです。

 

 

このアドバイスをしてくれたその先輩は、「実は自分も同じ悩みを経験して、今の課長に相談したんだ。今の話は課長からもらったアドバイスなんだよ」と笑っていました。ちなみに、その先輩の場合は、入社2日目で「辞めたい」と思ったそうです。

 

 

つまり、あなたも私も、その先輩に比べれば、「倍も辛抱強い」ということになりますよね。

 

 

ぜひ、「日給貯金」と「近未来の想像」を試してみてください。「1日分の給料は1日ガマンしたごほうび」と感じることができれば、気持ちはかなり楽になるはずですよ。

 

 

まずはあなたの転職力を診断してみませんか?

 

 

とにかく、仕事を辞めたいなら、辞めて転職できるかを知ることからスタートです。

 

 

新卒ですが入社4日目で辞めたいです。何かアドバイスをください。

 

 

@typeに無料会員登録後に、非常に簡単に診断できますので一度テストしてみてください。

 

 

とりあえず、転職力診断テストを無料で受けてみる

(無料会員登録後にテスト診断できます)

 

 

※@typeに無料登録後は、こちらから診断テストへとお進みください(⇒診断テストに進む